フォーカシング指向心理療法を知る本

フォーカシング指向心理療法を学ぶ場合は、金剛出版から刊行されたジェンドリンの著作『フォーカシング指向心理療法〈上〉体験過程を促す聴き方』・『フォーカシング指向心理療法〈下〉心理療法の統合のために』は必読書だと思います。(あいにく〈上〉は品切で出版社のページから削除されているので、〈上〉については版元ドットコムさんの当該ページのリンクを貼ってあります)

それ以外ですと、キャンベル・パートン著、日笠摩子訳『パーソン・センタード・セラピー—フォーカシング指向の観点から』(2006、金剛出版)、キャンベル・パートン著、伊藤義美訳『フォーカシング指向カウンセリング』(2009、コスモス・ライブラリー)があります。

フォーカシング指向心理療法がどんなものか概観したい場合は、下記の書籍の第8章をぜひご覧になってみてください。久羽康トレーナー(大正大学専任講師)と私で担当したものです。

日本心理療法統合学会監修、杉原保史・福島哲夫編
心理療法統合ハンドブック』(2021、誠信書房)

『心理療法統合ハンドブック』目次抜粋

(画像をクリックすると全体が表示されるPDFファイルが開きます)

フォーカシング指向心理療法について、概要/アセスメント/変化のメカニズムとプロセス/治療関係/介入技法/臨床例/効果研究の項目に分けて、コンパクトに13頁で書いています。

第8章フォーカシング指向心理療法の一部|『心理療法統合ハンドブック』

*参考*
大正大学ウェブサイトに掲載された紹介記事
[心理療法統合ハンドブック」の紹介(久羽講師が分担執筆)

また、こちらのコラムも合わせてどうぞ。

フォーカシングから心理療法への示唆:論文2つのご紹介

(堀尾直美)