MENU

フォーカシング・ネットワークは、「フォーカシング」を広くご紹介するために活動しているグループです。ニューヨークにある国際フォーカシング研究所の認定資格を持つフォーカシング・トレーナーが運営しています。国際フォーカシング研究所(The International Focusing Institute,略称TIFI)はフォーカシングの提唱者ユージン・T・ジェンドリンが1985年に設立した国際的な,異なる文化にまたがる組織です。フォーカシングとその土台である「暗黙の哲学」(Philosophy of Implicit)を普及する世界中の人々や団体を支援することを,その使命としています。

フォーカシング

ごく簡単に言うとすればフォーカシングは、自分自身のこころの声、からだからのメッセージに耳を傾ける方法です。私たちは、まだ言葉にはなっておらず漠然としているけれども、いろいろな気持ちや感覚を感じながら生きています。そんな漠然とした気持ちや感覚に注意を向け,丁寧に穏やかに感じ、それを言葉などで表現していくことで、自分の気持ちや必要としていることがはっきりとつかめたり、その感覚の自分にとっての意味がわかったり、自分が言いたかったことを納得のいく表現にできたりします。またその中で、今いる状況への向きあい方について新しい視点が得られたり、体験が一歩先へと進んでいくということも生じてきます。詳しくはこちらをご覧ください。

フォーカシングは心理療法の研究から生まれたもので、フォーカシングの理論は心理療法の実践にも役立てられています(フォーカシング指向心理療法と呼ばれています)。また、エモーション・フォーカスト・セラピーや加速化体験力動療法(AEDP)などの体験的な心理療法、またソマティック・エクスペリエンシングなどにも取り入れられています。

フォーカシング・プロセスの発見者 ジェンドリンについて

ジェンドリン、   フォーカシングを語る

gene_teaching_1_w310

1998年の日本心理臨床学会第17回大会に際し、ジェンドリンが日本に向けて語ったメッセージのYouTube動画(日本語の字幕と文字起こし付き)の紹介です。

詳しくはこちら

フォーカシングとは?

sensing_w310h444

まだ言葉になっていないけれど確かに感じていることに触れながら、それを新鮮に丁寧に言葉にしていくプロセスであるフォーカシングについてご紹介しています

詳しくはこちら

フォーカシングと  心理療法(カウンセリング)

therapy2_w310h444

フォーカシングは心理療法の実証研究から生まれました。セラピスト(カウンセラー)が自らの実践を効果的に行い深める上で、フォーカシングは大いに役立ちます

詳しくはこちら

インタラクティブ・フォーカシング

最上の傾聴訓練法とも言われるインタラクティブ・フォーカシングについてのご紹介です。簡単に言うと、フォーカサーとリスナーが交替して話もしながら行う相互的なフォーカシング・セッションに、特徴的なやりとりを加えたもので…

TAE (Thinking At the Edge)

まだ言葉にはなっていないけれど確かに分かっていること(身体知)を言葉にしていく、Thinking At the Edge(TAE)についてご紹介しています。日本語では「辺縁で考える」と訳されています。フェルトセンスにもとづく文章生成法で…

今年度のフォーカシング・ネットワークのワークショップについて

(2018年12月9日 23時 更新)

  • 12月15・16日(土・日)フォーカシング・ベーシックコース:現在、キャンセル待ちとなっております。
    次回以降の日程は、決まりましたら当ウェブサイトに掲載いたします。
  • 2019年2月9〜11日(土〜月祝)リスナー・ガイドコース:会場は東京・駒込駅他から徒歩10分程度です。お申し込みが入り始めています。定員が8名と少人数ですので参加を希望なさる方はお早めにお申し込みください。
  • 2019年3月10日(日)フォーカサー継続コース:東京・駒込駅他から徒歩10分程度のところにある会場です。午前の講義のテーマは「リスニングの役割や効果的にフォーカシングを促すリスニングの仕方」です。お申し込みが入り始めています。

詳細は、ワークショップのご案内ページをご覧ください。

PAGE TOP