暮らしとフェルトセンス

フォーカシングは、決して特別なものではありません。
心や身体からの声に耳を傾けるやり方であり、私たちの日常で、すでに起きているプロセスです。

「暮らしとフェルトセンス」は、日々の暮らしの中で、すでにそこにあるフォーカシング、ふとフェルトセンスが動いた瞬間を、エッセイ風につづったコラムです。
(文責あべ)

「オレンジ色の夏」

2020年、なにもかも想定外の夏は、長い長い梅雨が明けると同時に、出遅れたスタートを取り戻すかのような猛暑、熱暑が続いた。

青い空、濃い緑、もくもくと曲線を描く入道雲、熱風とセミの音が身体を包み込む夏。

ふと、この夏にふさわしいマニキュアが欲しくなった。何色だろう・・・・・・
自分の内側に問いかけると、かえってきた答えは「オレンジ」

オレンジ!?

これまで好ましいと思ったことはなく、お洋服もメイク道具も持っていない色。

なぜにオレンジ色なのか、わからぬものはわからぬままに、ドラッグストアのコスメコーナーで、オレンジ色のマニキュアを選んでみる。

今の私にぴったりくるオレンジ色は、どれだろう・・・・・・。

またも意外なことに、手が伸びた1本は、明度も彩度も高いオレンジ色。

グレイッシュなトーンや、ベージュ寄りのオレンジを想定していた自分がとまどうような、はっきりくっきりしたオレンジ。

それでも、フェルトセンスの赴くままに選んだ1本を、この夏のマニキュアとして愛用した。

実際ぬってみると、指先、つま先に、ぽちぽちと小さな太陽が整列しているよう。

目に入るたびに、その明るさ、はっきりした色合いに元気になる。

穏やかならざる世情に猛暑で疲れを感じやすい今夏、太陽のエネルギーがぎゅっと詰まっているようなオレンジ色に、ずいぶんと助けられた。

あるようなないような短い夏休みが終わり、気温は高くても、吹く風に涼しさが混じるようになってきた。

麦わら帽子とかごバッグは、もうおしまい。オレンジ色の爪先も、盛夏のころほどしっくりこない。

季節はゆるやかに、そして今年も変わらず、変わっていく。